中学受験での個別指導塾の選びかたと家庭教師の求人のポイント

中学受験でまず必要なことは、目標とする学校での合格人数の実績が多い学習塾を選択することだと思います。結果を出している学習塾は、受験する学校の試験問題の傾向と予測が出来ており、中学受験でのカリキュラムが確立していると思われるからです。その中でも中学受験では、まだ子供も幼いということもあり個別指導塾を選択しました。全体指導の塾では、講義の進度に個々があわせていかなくてはならないので、小学生の子供には講義にあわせ体調管理、勉強するには、まだ未熟だと判断し個別指導塾を選択しました。個別指導塾では、子供個人の進度にあわせ指導してもらえるので安心して通わせることが出来ました。当然、子供個人でのアドバイスをしてくれるので参考になります。
中学受験では、塾に加え家庭教師もあわせ受験対策しました。今ではインターネットもあり、家庭教師の求人も簡単に募集することが出来ますし、市の施設や大学の掲示板などでも家庭教師の求人を掲載し利用することが出来ます。家庭教師の求人では学習塾とは異なり、人柄を最優先しました。子供も中学受験ではストレスが溜まりますので、学習塾の進度にあわせた予習復習以外では、子供の興味がある雑学などを楽しく指導してもらいました。